ニュースセンター

中華人民共和国の労働安全法[2014年改正]

ページビュー数

中華人民共和国大統領の命令

13番

「中華人民共和国の労働安全法の改正に関する全国人民代表大会の常任委員会の決定」は、2014年8月31日の第12回中華人民共和国全国人民代表大会の常任委員会の第10回会議で採択されました。 発表され、2014年12月1日に発効します。

中華人民共和国大統領Xi Jinping

2014年8月31日

National全国人民代表大会常任委員会について

the「中華人民共和国の安全生産法」を改正する決定

2014(2014年8月31日の第12回全国人民代表大会常任委員会の第10回会議で採択)

National第12回全国人民代表大会常任委員会の第10回会議は、「中華人民共和国の労働安全法」に以下の改正を加えることを決定しました。

1.第3条を改正する:「安全な生産作業は、人間本位であり、安全開発を順守し、最初に安全、予防、および包括的な管理の原則を順守し、生産およびビジネスユニットの主な責任を強化および実施し、責任を負う生産およびビジネスユニットを確立する必要があります従業員の参加、政府の監督、業界の自己規律、社会的監督のメカニズム。」

2.第4条を改正します。「生産および事業部門は、この法律および生産安全に関連するその他の法律と規制を遵守し、生産安全管理を強化し、生産安全責任システムと安全生産規制を確立および改善し、生産安全条件を改善する必要があります。安全な生産の標準化を推進し、安全な生産のレベルを向上させ、安全な生産を確保してください。」

3.第7条を改正して、「労働組合は法律に従って労働安全を監督するものとします。

「生産およびビジネスユニットの労働組合は、法律に従ってユニットの労働安全の民主的管理および民主的監督に参加するように従業員を編成し、生産の安全性に関する従業員の正当な権利および利益を保護します。生産およびビジネスユニットは、安全な生産に関する規則や規制を策定または改訂するときに労働組合の意見を聞くものとします。 」

4.改正第8条:「国務院および郡レベル以上の地方政府は、国の経済社会開発計画に従って安全生産計画を策定し、その実施を組織するものとします。安全生産計画は、都市計画と農村計画にリンクする必要があります。

「国務院および郡レベル以上の地方政府は、労働安全のリーダーシップを強化し、すべての関連部門に法律に従って労働安全監督および管理責任を実行するように支援し、働きかけ、労働安全調整メカニズムを確立および改善し、労働安全監督および管理を適時に調整および解決するものとする。の主な問題

「タウンシップ、タウンシップピープルズガバメント、サブディストリクトオフィス、開発区管理機関、およびその他の地方自治体の政府機関は、その職務に応じて、行政区域内の生産部門と事業部門の安全生産状況の監督と検査を強化し、より高いレベルで人々の政府の関連部門が安全を実行できるように支援するものとします。生産の監督と管理の責任。」

5.第9条を改正して、「国務院の労働安全監督管理部は、この法律に従って全国的に労働安全の包括的な監督および管理を実施するものとします。これに従い、郡レベル以上の地方自治体の労働安全監督管理部は、内部の生産安全の包括的な監視と管理を実施します。

「国務院の関連部門は、この法律およびその他の関連法と行政規則の規定に従って、それぞれの責任内で関連業界および分野の労働安全を監督および管理するものとします。郡レベル以上の地方政府の関連部門は、この法律を遵守し、その他の関連する法律および規制は、それぞれの職務の範囲内で関連する産業および分野の労働安全を監督および管理するものとします。

「安全生産監視管理部門と関連業界・分野の安全生産業務を統括管理する部門を総称して安全生産監視管理部門とする。」

6.第12条として1条が追加されます。「関連団体は、生産およびビジネスユニットに、法律、行政規則、および定款に従って生産安全に関する情報とトレーニングを提供し、自己規律の役割を果たし、生産およびビジネスユニットを促進して、生産安全の管理を強化するものとします。 」

7.第12条を第13条に変更し、次のように修正します。「安全な生産のための技術および管理サービスを提供する法的に確立された組織は、法律、行政規制、および実務基準に従って、安全のために生産および事業部門の委託を受け入れるものとします。生産作業のための技術および管理サービスを提供します。

「生産およびビジネスユニットが前の段落で指定された機関に安全な生産技術および管理サービスを提供するよう委託する場合、安全な生産を保証する責任はユニットに残ります。」

8.第17条を第18条に変更し、1つ目の項目を3番目の項目として追加します。「ユニットの作業安全教育とトレーニング計画の策定と実施を組織化する」。

9.第19条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットの安全生産責任システムは、各ポストの責任者、責任の範囲、および評価基準を指定するものとします。

「生産および事業部門は、安全生産責任システムの実施を確実にするために、安全生産責任システムの実施の監督および評価を強化するための対応するメカニズムを確立するものとします。」

10.第18条を第20条に変更し、第2段落として段落を追加します。「関連する生産および事業部門は、特に安全生産条件を改善するために、規制に従って安全生産費を引き出して使用するものとします。実際の費用は含まれています。生産安全費の引き出し、使用、監督の具体的な方策は、国務院の関連部門からの意見を求めた後、国務院の生産安全監督および管理部門と連携して国務院の財務部門が策定します。」

11.第19条を第21条に変更し、次のように修正します。「鉱業、金属製錬、建物の建設、道路輸送ユニット、危険物製造、運用、保管ユニットは、安全生産管理機関を設置するか、装備するフルタイムの安全生産管理担当者。

「100人を超える従業員がいる、前項で指定されたもの以外のその他の生産および事業部門は、安全生産管理機関を設立するか、常勤の安全生産管理要員を備える必要があります。従業員の数が100人未満の場合は、常勤または非常勤の安全生産を備えるものとします。マネージャー」

12.第22条に1条を追加:「生産安全管理機関および生産事業部の生産安全管理要員は、次の職務を行うものとする。

"(1)ユニットの生産安全事故の安全生産ルールと規制、運用手順、および緊急時の救急計画の策定または参加。

"(2)ユニットの労働安全教育および訓練に組織または参加し、労働安全教育および訓練を正確に記録する。

"(3)ユニットの主要な危険に対する安全管理対策の実施を監督および要請する。

"(4)ユニットの緊急救助訓練を組織または参加する。

"(5)ユニットの作業安全状態を検査し、生産安全事故の隠れた危険を迅速に調査し、作業安全管理を改善するための提案を行います。

"(6)規制に違反したり、危険な操作を強制したり、操作上の規制に違反したりする動作を停止して修正する。

「(7)ユニットの安全生産調整措置の実施を監督し、要請する。」

13.第23条として1条を追加:「生産安全管理機関および生産および事業部門の生産安全管理要員は、デューデリジェンスを伴って職務を遂行し、法律に従って職務を遂行するものとします。

safety「安全生産に関する業務判断を行う生産・事業部門は、安全生産管理機関および安全生産管理担当者の意見に耳を傾ける。

「生産および事業部門は、法律に従って安全生産管理担当者が職務を遂行することにより、賃金、福利厚生、またはその他の福利厚生を削減したり、労働契約を終了したりしてはなりません。

「危険物、鉱山、金属製錬ユニットの生産および保管ユニットの安全生産管理担当者の任命および解任は、安全生産の監督および管理の責任を所管部門に通知するものとします。」

14.第20条が第24条に変更され、第2段落が次のように修正されます。「危険物、鉱山、金属製錬、建設、道路輸送ユニットの製造、運用、保管ユニットの主な担当者と安全生産管理担当者の場合、生産安全の監督と管理を担当する主務部門は、彼らの安全生産知識と管理能力の評価に合格するものとします。評価は課されません。」

3番目の段落として1段落が追加されました。「危険物製造および保管ユニット、鉱山、金属製錬ユニットには、安全生産管理のために登録された安全エンジニアがいるものとします。安全生産管理のために登録された安全エンジニアを雇うように他の生産および事業部門に奨励します。登録。安全技術者は専門に応じて管理されています。具体的な対策は、国務院の人事および社会保障部門、国務院の安全生産監督管理部門、および国務院の関連部門によって策定されています。」

15.第21条は第25条に変更され、次のように修正されます。規則と規制および安全操作手順、職階の安全操作スキルを習得し、事故の緊急時の対応策を理解し、安全生産における権利と義務を知っています。安全生産の教育とトレーニングの資格を持たない開業医は、就労できません。

「生産・事業体が派遣労働者を利用する場合は、派遣労働者を一元管理し、派遣労働者の安全運航手順、安全運航技能教育・訓練を実施する。派遣労働者は派遣労働者に対応する。労働者を派遣して、必要な安全生産教育および訓練を実施する。

「中等専門学校、短大、大学からのインターンシップを受け入れる生産部門と事業部門は、インターン学生に対応する安全教育とトレーニングを提供し、必要な労働保護用品を提供します。学校は、生産部門と事業部門がインターン学生の安全生産教育とトレーニングを実施するのを支援します。 。

「生産およびビジネスユニットは、生産安全教育およびトレーニングファイルを確立し、生産安全教育およびトレーニングの時間、内容、参加者、および評価結果を正確に記録するものとします。」

16.第25条を第29条に変更し、次のように修正します。「鉱業、金属製錬建設プロジェクト、および危険物の生産、保管、積み込みおよび積み下ろしの建設プロジェクトは、関連する国内規制に従って安全評価の対象となるものとします。 」

17.第27条は第31条に変更され、次のように修正されます。「鉱山の建設ユニット、金属製錬建設プロジェクト、および危険物の生産、保管、積み込みおよび積み下ろしのための建設プロジェクトは、承認された安全設備に従って設計する必要があります。安全設備の建設と品質の責任を負います。

「鉱業、金属製錬の建設プロジェクト、および危険物の生産と保管のための建設プロジェクトが完了し、生産または使用に供された場合、建設ユニットは、安全設備の検査と受け入れを組織する責任を負うものとします。検査と受け入れに合格した後にのみ、それらを生産および使用に移すことができます。安全な製造監督管理部門は、建設ユニットの受け入れ活動と受け入れ結果の監視と検査を強化するものとします。」

18.第30条は第34条に変更され、次のように修正されます。「製造部門と事業部門で使用される危険物用のコンテナと輸送車両、ならびに個人の安全と大きなリスクを伴う海底石油探査用の特別な機器と鉱山。特別な地下機器は、関連する国の規制に従って専門の生産部門によって生産され、専門資格のある試験および検査機関によって試験および検査され、使用前に安全使用証明書または安全マークを取得する必要があります。試験および検査機関は試験を実施します、検査結果に責任があります。」

19.第31条は第35条に変更され、次のように修正されます。「国は、生産の安全を深刻に危険にさらすプロセスと機器の排除のシステムを実装しています。特定のカタログは、国務院の関連部門と連携して国務院の労働安全監督管理部門によって策定され、結合されるものとします。告知:カタログの作成に関して法律および行政規制により別途規定されている場合、それらの規定が適用されるものとします。

「中央政府直下の州、自治区、および自治体の人々の政府は、その地域の実際の状況に基づいて特定のカタログを作成および発行し、前の段落で指定されたもの以外の生産安全を危険にさらすプロセスおよび機器を排除することができます。

「生産およびビジネスユニットは、生産の安全を危険にさらすような排除すべきプロセスや機器を使用してはなりません。」

20.第38条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットは、生産安全事故の検査および管理システムを確立および改善し、技術的および管理的手段を採用して、隠れた事故を適時に検出および排除します。隠れた事故の検査および管理は、真実に記録されます。そして開業医に知らせてください。

「生産安全の監督と管理を担当する郡レベル以上の地方自治体の部門は、重大な事故と隠れた危険の管理と監督システムを確立および改善し、重大な事故をなくすように生産および事業部門に要請するものとします。」

21.第35条は第40条に変更され、次のように修正されます。「製造部門と事業部門は、国務院の関連部門と連携して、国務院の労働安全監督管理部門によって規定された爆破、巻上げ、その他の危険な作業を実行する専門の担当者を手配するものとします。運用手順の遵守と安全対策の実施を確実にするためのオンサイト安全管理。」

22.第38条は第43条に変更され、次のように修正されます。「生産およびビジネスユニットの安全生産管理担当者は、ユニットの生産および動作特性に従って安全生産状況の定期検査を実施するものとします。プロセスで発見された安全性の問題は直ちに処理する必要があります。処理できない場合は、ユニットの担当者に時間内に報告し、責任者は時間内に処理する必要があります。検査と取り扱いは正確に記録する必要があります。

「生産および事業部門の安全生産管理担当者が検査中に重大な隠れた危険を発見した場合、前項の規定に従ってユニットの担当者に報告しなければなりません。関連担当者がタイムリーに対処しない場合、安全生産管理担当者は安全生産監督の責任者である監督者に報告することがあります。経営報告を担当する部署、および報告を受けた部署は、法に基づき適時対応します。」

23.第41条は第46条に変更され、第2段落は次のように修正されます。「生産および運用プロジェクトまたはサイトが他のユニットに委託またはリースされている場合、生産および運用ユニットは、契約ユニットおよびリースユニットと特別契約を結ぶものとします。生産安全管理契約、またはそれぞれの安全生産管理責任は、契約またはリース契約で規定されています。生産ユニットとビジネスユニットは、契約ユニットとリースユニットの安全生産作業を調整および管理し、定期的な安全検査を実施し、安全問題を発見します。修正は時間内に促されるべきです。」

24.第43条が第48条に変更され、第2パラグラフとして1つの段落が追加されています。「州は、生産および事業部門に生産安全責任保険を保証するよう奨励しています。」

25.第58条として1条が追加されます。「生産および事業体が派遣労働者を使用する場合、派遣労働者は、この法律で規定されている実務者の権利を享受し、この法律で規定されている実務者の義務を遂行するものとします。 」

26.第53条は第59条に変更され、次のように修正されます。「郡レベル以上の地方の人々の政府は、行政区域の生産安全状況に従って、関連部門を編成して行政を実施するものとします。地域で重大な生産安全事故が発生しやすい生産部門および事業部門は、厳格な検査を実施するものとします。

「安全生産監督管理部門は、分類された階層的監督管理の要件に従って、安全生産の年次監督および検査計画を策定し、年次監督および検査計画に従って監督および検査を実施し、隠れた事故を発見してタイムリーに処理するものとします。」

27.第56条を第62条に変更し、第1段落を次のように修正する。「労働安全監督管理部門および労働安全監督管理の責任を負う他の部門は、法律に従って労働安全行政法執行を実施するものとする。生産およびビジネスユニットは、生産の安全性に関する関連法、規制、国家規格、または業界標準の実施を監督および検査し、以下の権限を行使するものとします。

"(1)検査のために生産部門と事業部門を入力し、関連資料を読み、関連部門と担当者から状況について学びます。

「(2)検査中に発見された安全製造違反は、その場で修正されるか、期限内に修正されるものとします。法律に従って行政処分が与えられるべき行為については、この法律およびその他の関連する法律と行政規則の規定に従って行政処分の決定が行われます。

「(3)検査中に発見された事故の隠れた危険は直ちに排除するように命令されなければならない。重大な隠れた危険の排除前または排除中に安全が確保できない場合、オペレーターは危険区域から労働者を避難させ、生産および事業を一時的に停止するか、関連する関連の使用を停止するよう命令されなければならない。施設と設備:重大な事故が解消された後、生産、運用、および使用は、レビューと承認の後にのみ再開できます。

「(4)違法に製造、保管、使用、操作、および輸送された安全な生産を確保するための国家または産業の基準に準拠していない施設、設備、機器、および危険物の差し押さえまたは差し押さえ、違法な製造、保管、および輸送を強制します。危険物を使用・操作する作業場は封鎖し、法律により取扱いを決定するものとする。」

28.第67条として1条が追加されます。「生産の安全性の監督と管理を担当する部門は、法律に従って、重大な事故が発生する可能性のある生産および事業部門の関連施設または設備の生産、運用、建設、または使用を停止する決定を行うものとします。生産・事業部門は、法に基づく法律を実施し、隠れた危険を適時に排除します。生産・事業部門がこれを拒否し、生産安全事故が発生するおそれがある場合は、安全確保を前提として、部門の主たる責任者が安全生産の監督・管理を行います。担当部門は、関連ユニットに電源と民間爆発物の供給を停止するように通知するなどの措置をとる場合があります。生産ユニットと事業ユニットに決定を強制します。通知は書面で行う必要があり、関連ユニットは協力する必要があります。

「生産安全の監督と管理を担当する部門は、前項の規定に従って電力供給を停止するための措置を講じなければならない。生産安全を危険にさらす緊急事態を除いて、それは24時間前に生産および事業部門に通知しなければならない。生産および事業部門は、法律に従って行政決定を行い、対応する措置をとる。事故の隠れた危険を排除するための措置が講じられている場合、生産安全の監督と管理を担当する部門は、前項で指定された措置を速やかに削除するものとします。」

29.第75条として1つの記事が追加されます。「生産安全の監督と管理を担当する部門は、生産安全違反情報データベースを確立し、生産および事業部門の生産安全違反情報を正確に記録する必要があります。違反の状況は深刻です。会社の生産およびビジネスユニットは、公に発表し、産業の有能な部門、投資部門、土地および資源部門、証券監督および管理機関ならびに関連する金融機関に通知するものとします。」

30.第1条が第76条として追加されます。「国家は、生産安全事故の緊急対応能力の構築を強化し、主要産業および分野に緊急救援拠点と緊急救援チームを設置し、生産およびビジネスユニットと他の社会的勢力に緊急救援チームの設立を奨励します。緊急救助の専門家レベルを向上させるために、対応する緊急救助設備と資材を備えています。

「国務院の労働安全監督管理部門は、生産安全事故のための統一された国家緊急救急情報システムを確立し、国務院の関連部門は、関連産業および分野における生産安全事故のための緊急救急情報システムを確立および改善する。」

31.第78条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットは、生産安全事故に対する独自の緊急対応計画を策定する必要があります。これは、郡レベル以上の地方自治体によって組織された生産安全事故の緊急対応計画にリンクされています。定期的に訓練を組織してください。」

32.第69条を第79条に変更し、次のように修正する。「危険物の製造、運用、保管ユニット、鉱山、金属製錬、都市鉄道輸送業務、建設ユニットは、緊急救援組織を設立するものとする。 ;生産規模や運用規模が小さい場合は、緊急救援機関を設置できない場合がありますが、非常時の緊急救急隊員を指定する必要があります。

「危険物を生産、運用、保管、輸送するユニット、鉱業、金属製錬、都市鉄道輸送業務、建設ユニットには、必要な緊急救急設備、機器、資材を備え、通常の運用を確保するために定期的なメンテナンスとメンテナンスを実施する必要があります。 」

第33条第72条は第82条に変更され、最初の段落は次のように修正されます。「関連する地方自治体の責任者および生産安全の監督と管理を担当する部門が生産安全事故報告を受けた後、彼らは、生産安全事故の緊急救助計画の要件に従って事故現場に急いで急いで事故救助を組織する必要があります。」

パラグラフ2と3として2つのパラグラフが追加されています。「事故救助に関与する部門と部隊は、統一された指揮に従い、調整と連携を強化し、効果的な緊急救助措置を講じ、事故救助のニーズに応じて警報や避難などの措置を講じる必要があります。事故や二次災害の拡大を防ぎ、死傷者や財産の損失を減らします。

「事故救助の過程で、環境への害を回避または軽減するために必要な措置を講じなければならない。」

34.第73条を第83条に変更し、次のように修正します。「事故の調査と処理は、科学的厳密さ、法と規制の原則に従って行われ、事実から真実を求め、実際の結果に焦点を当て、事故の原因を迅速かつ正確に見つけるものとします。事故の性質と責任を明らかにし、事故の教訓をまとめ、是正措置を提案し、事故の責任者に対応意見を提出します。事故調査報告は、法律に従って適時に一般に公表されるものとします。事故の調査と処理の具体的な対策は、国務院が策定するものとします。

「事故が発生したユニットは、タイムリーな方法で完全に是正措置を実施するものとし、安全生産の監督と管理を担当する部門は、監督と検査を強化するものとします。」

35.第77条を第87条に変更し、第1段落に第4の項目として「監督および検査中に重大な事故が発見された場合、法律に従ってタイムリーに処理されない」という項目を1つ追加。

第2パラグラフとして1段落が追加されます。「生産安全の監視と管理を担当する部門のスタッフが電力を乱用したり、職務を怠ったり、前項で指定されたもの以外の個人的な利益のために不正を行ったりした場合、法律に従って罰せられます。犯罪が構成されている場合、関連する刑法刑事責任を規定しなさい。」

36.第79条を第89条に変更し、次のように修正します。「安全性の評価、認証、テスト、および検査を担当する組織が虚偽の証明書を発行した場合、違法所得は没収され、違法所得は100,000元になります。上記については、違法所得の2〜5倍の罰金を同時に課すものとし、違法所得がない場合や違法所得が10万元未満の場合は、10万〜20万元の罰金を単独または同時に、本人が直接責任を負うものとします責任者および他の直接責任者は、20,000元以上50,000元以下の罰金を科すものとします。他人に損害が生じた場合、製造および事業部門との賠償について共同責任および複数の責任を負うものとします。犯罪が構成されている場合、刑事責任は、刑法の関連規定に従って調査されるものとします。

「前項に違反した機関については、対応する資格が取り消されます。」

37.第80条を第90条に変更し、次のように修正します。「生産および事業単位の意思決定機関、主要責任者、または個人事業投資家は、安全な生産に必要な設備投資を確保するために、この法律の規定を遵守していません。安全な生産のための条件がない場合は、生産および運用部門は、期限内に修正を行い、必要な資金を提供するように命令されるものとします。修正が期限内に行われない場合、生産および運用部門は、修正のために生産および事業を停止するよう命令されます。

「前項の違反により生産安全事故が発生した場合は、生産・事業部門の主たる責任者を解任し、個々の事業の投資者に2万元以上20万元以下の罰金を科す。犯罪が成立した場合は、その対象となる。刑法の関連規定は刑事責任を負っている。」

38.第81条を第91条に変更し、次のように修正します。「生産および事業部門の主担当者がこの法律で規定されている安全生産管理業務を実行できなかった場合、彼は期限内に修正するように命じられます。期限内に修正できなかった場合、 2万元以上5万元以下の罰金を科し、生産・操業部門に生産・業務停止のため是正のための命令を出す。

「生産・事業部門の主たる担当者が前項の違法行為を行い、製造安全事故を起こした場合は、解任する。犯罪が成立した場合は、刑法の関連規定に基づき刑事責任について調査する。

「前項の規定により、生産・事業部門の主たる担当者が刑事罰または解雇の対象となる場合は、刑の執行の日から起算して5年以内、または処罰の日から生産・事業部門の主たる担当者とならない。安全事故の責任を負う者は、生涯、産業の生産・運用部門の主たる責任者とならないものとします。」

39.第92条に1条を追加:「生産事業者の主たる担当者が、この法律の定める安全生産管理業務を怠り、生産安全事故を生じたときは、安全生産監督管理部は、次の規定により罰を科す。元気:

「(1)一般事故の場合、前年度の年収の30%の罰金が科せられる。

「(2)大きな事故が発生した場合、前年の年収の40%の罰金が科せられる。

「(3)重大な事故が発生した場合、前年の年収の60%の罰金が科せられる。

「(4)特に重大な事故が発生した場合、前年の年収の80%の罰金が科せられる。」

40.第93条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットの安全生産管理担当者がこの法律で規定されている安全生産管理業務を実行できなかった場合、彼らは制限時間内に修正を行うよう命じられます。生産安全事故が発生した場合、その協力は一時停止またはキャンセルされます。生産安全に関する資格。犯罪が構成されている場合、刑法の関連規定に従って刑事責任が調査されるものとします。」

41.第82条を第94条に変更し、次のように修正します。「生産および事業部門が次のいずれかの行為を行った場合は、期限内に修正するよう命じられ、50,000元未満の罰金が科せられる場合があります。期限内に修正できなかった場合、是正のために生産と事業を停止し、5万元以上10万元以下の罰金を科し、担当者その他直接責任者に1万元以上2万元以下の罰金を科す:

"(1)規制に従って製造安全管理組織を設立しなかった、または製造安全管理要員を配置しなかった。

"(2)危険物、鉱山、金属製錬、建設、および道路輸送ユニットの生産、運用、および保管ユニットの主な責任者および安全生産管理担当者が、規制に従って評価に合格しなかった。

「(3)規制に従って従業員、派遣労働者、およびインターンの安全生産教育および訓練を実施しない、または規制に従って関連する安全問題を真実に通知できない。

"(4)安全生産の教育と訓練を正確に記録していない。

"(5)潜在的な事故の調査と管理を忠実に記録しなかった、または開業医に通知しなかった。

「(6)規制に従って生産安全事故の緊急救助計画を策定できない、または定期的に訓練を実施できない。

(「(7)特別安全運転訓練を受けず、規則に従って対応する資格を取得せずに勤務した特別作業員。」

42.第83条を第95条および第96条に変更すると、次のようになります。

「第95条生産事業者は、次のいずれかの行為をした場合は、工事の中止または是正のための生産または事業の一時停止を行い、期限内に訂正するものとします。期限内に訂正しなかった場合は、500,000元から100万元の罰金を科し、直接責任を負うものとします。責任者および直接責任者には2万元以上5万元以下の罰金が科せられ、犯罪が構成されている場合には、刑法の関連規定に従って刑事責任が調査されるものとします。

"(1)鉱山、金属製錬建設プロジェクト、または規制に従って危険物を生産、保管、積み下ろしするための建設プロジェクトの安全性評価を実施しないこと。

"(2)鉱山、金属製錬建設プロジェクト、または危険物の生産、保管、積み込みおよび荷降ろしのための建設プロジェクトには、安全設備の設計がないか、安全設備の設計が関連部門に提出されていないため、規制に従って審査と承認を受けていない。

"(3)鉱山の建設単位、金属製錬建設プロジェクト、または危険物の生産、保管、積み込みおよび荷降ろしのための建設プロジェクトは、承認された安全設備に従って設計および建設することができません。

"(4)安全設備は、鉱山の建設プロジェクト、金属製錬、または危険物の生産または保管の建設プロジェクトが完了する前、およびそれらが生産または使用される前に受け入れられていません。

「第96条生産および事業部門が次のいずれかの行為を行った場合、期限内に訂正を行うよう命じられ、50,000元未満の罰金が科せられる。期限内に訂正に失敗した場合、50,000元以上200,000元以下の罰金が科される。責任者及び直接責任者は1万元以上2万元以下の罰金を科す;状況が深刻な場合は、是正のために生産及び事業を停止するよう命じられる;犯罪が構成されている場合、刑事責任は刑法の関連規定に従って調査されなければならない:

"(1)リスク要因が比較的大きい、製造および運用サイトと関連施設および設備に明らかな安全警告標識を設定しないこと。

"(2)安全装置の設置、使用、テスト、変更、廃棄は、国家標準または業界標準に準拠していません。

"(3)安全装置の定期的なメンテナンス、メンテナンス、定期的なテストを実施しないこと。

"(4)従業員に国または業界の基準を満たす労働保護具を提供していない。

「(5)危険物のコンテナと輸送車両、ならびに個人の安全とより大きな危険を伴う海底石油探査と地下鉱山のための特別な装置は、専門資格のある機関によってテストおよび検査されておらず、安全使用証明書または安全を取得しています使用するロゴ

「(6)生産の安全性を危険にさらす、排除すべきプロセスおよび機器の使用。」

43.第84条を第97条に変更し、次のように修正します。「法的承認なしに危険物を生産、管理、輸送、保管、使用、または廃棄する人は、関連する危険物に準拠するものとします。セキュリティ管理法および行政規制は罰せられるものとします。犯罪が構成されている場合、刑法の関連規定に従って刑事責任が調査されるものとします。」

第44条。第85条は第98条に変更され、次のように修正されます。「生産および事業体が次のいずれかの行為を行った場合は、期限内に修正するよう命じられ、10万元未満の罰金が科せられる場合があります。期限内に修正できなかった場合、是正のために生産と事業を停止し、10万元から20万元の罰金を科し、直属の責任者と他の直接の責任者は2万元から5万元の罰金を科す;犯罪が成立した場合、関連する刑法刑事責任の規定:

「(1)特別な安全管理システムを確立せず、信頼性の高い安全対策を講じることなく、危険物を生産、操作、輸送、保管、使用または廃棄する場合。

"(2)主要なハザードの登録と申請の失敗、または評価または監視の実施の失敗、または緊急計画の策定の失敗。

"(3)オンサイトの安全管理を実施する専門の担当者を配置することなく、国務院の関連部門と連携して国務院の労働安全監督管理部門によって指定されたブラスト、巻上げ、およびその他の危険な操作を実行する。

「(4)隠れた事故の調査・管理体制の未整備」

45.第99条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットが事故の隠れた危険を排除するための対策を講じなかった場合、直ちにまたは制限時間内にそれを排除するよう命じられます。生産およびビジネスユニットがそれを実施することを拒否した場合、修正のために生産およびビジネスを一時停止し、10万元で罰せられます。 500,000人民元以上20,000人民元以上50,000人民元以下の罰金が、担当者およびその他の直接責任者に課せられる。」

46.第86条を第100条に変更し、次のように修正します。「生産ビジネスユニットが、生産およびビジネスプロジェクト、サイト、または機器を、安全な生産または対応する資格の条件を持たないユニットまたは個人に契約またはリースする場合、期限内に訂正し、違法所得を没収する命令;違法所得が10万元以上の場合、違法所得の2〜5倍の罰金が科せられる;違法所得がない、または違法所得が10万元未満の場合、1回または同時の10万元以上の罰金20万元以下の罰金、1万〜2万元の罰金が担当者およびその他の直接責任者に課せられます;生産安全事故が他人に損害を与えた場合、請負業者と借主は責任を負うものとします共同およびいくつかの責任。

「生産およびビジネスユニットは、契約単位または借手との特別な安全生産管理契約に署名していないか、契約またはリース契約でそれぞれの安全生産管理責任を指定していないか、請負業者または借手の安全生産を調整および管理していません。期限内に訂正するように命じられた場合は、50,000元未満の罰金が課せられる場合があり、担当者および他の直接責任者は10,000元未満に罰金が科される場合があります。期限内に訂正が行われなかった場合は、修正のために生産と事業を停止するように命じられます。」

47.第105条として1つの記事が追加されます。「生産およびビジネスユニットが、この法律の規定に違反して安全製造監督および管理を担当する部門の監督および検査を拒否または妨害した場合、訂正を行うよう命令されます。訂正を拒否した場合、罰金は2万元以上20万元以下。責任者およびその他の直接責任者は1万元以上2万元以下の罰金。犯罪が成立した場合は、刑法の関連規定により刑事責任を追及する。」

第48条。第91条は第106条に変更され、次のように修正されます。「製造およびビジネスユニットの主担当者が製造安全事故を起こした場合、彼は事故の調査と処理中に直ちに救急活動を組織したり、許可なしに職務を離れたりしません。または、脱出して隠れた人は降格または解雇され、労働安全監督管理部門は前年度の年収の60%から100%の罰金を科す;脱出して隠れた人は15日未満拘留される;犯罪が構成される違反した場合、刑法の関連規定に従って刑事責任を調査するものとします。

「生産・事業部門の主たる担当者が、製造安全事故の隠蔽、虚偽の報告、遅延を行った場合、前項の規定により罰せられる。

49.第109条として1つの記事が追加されます。「生産安全事故が発生した場合、責任のある生産および事業部門に、法律に従って対応する補償およびその他の責任を負わせることを要求することに加えて、安全生産監督および管理部門は、以下の規定を遵守するものとします。罰金を課す:

「(1)一般的な事故が発生した場合、200,000元から500,000元の罰金が科される。

「(2)大事故が発生した場合、50万元から100万元の罰金が科される。

「(3)大事故が発生した場合、100万元以上500万元以下の罰金が科せられる。

「(4)特に重大な事故が発生した場合、500万元から1000万元の罰金が課せられます。特に深刻な状況の場合、1000万元から2000万元の罰金が課されます。」

50.第94条を第110条に変更し、次のように修正する。「この法律で規定されている行政罰は、作業安全監督管理部門と、職務分掌に従って労働安全監督管理責任を負う他の部門によって決定される。閉鎖のための行政罰は、国務院によって規定された権限に従って決定するために、郡レベル以上の人々の政府に安全生産監督および管理の責任を持つ部門によって報告されなければなりません;拘留に対する行政罰は、公安管理罰則法の規定に従って公安機関によって決定されるものとします。」

51.第113条として1条を追加:「一般事故、重大事故、重大事故、特にこの法律で規定される製造安全における重大事故の分類基準は、国務院が規定する。

「国務院の労働安全監督管理部門および労働安全監督管理を担当する他の部門は、それぞれの責任区分に従って、関連する産業および分野での重大事故の隠れた危険を決定するための基準を策定するものとします。」

52.以下の改正がいくつかの条項に加えられました。

(1)第1条では、「安全な生産の監督と管理を強化するため」を「安全な生産の仕事を強化するため」に、「経済発展を促進するため」を「経済と社会の持続的かつ健全な発展を促進するため」に修正しました。

(2)第2条の「民間航空安全」の後に「原子力および放射線安全、特別設備安全」を追加。

(3)第11条の「従業員の安全生産意識の向上」を「社会全体の安全生産意識の向上」に改める。

(4)第23条第1パラグラフの「特別運転資格取得」を「該当資格取得」に修正する。

(5)第23条第2項、第33条、第2項、第66条、第76条の「安全生産管理管理部」を「安全生産管理」に改定管理部門」。

(6)第26条第2項の「鉱山建設プロジェクト及び危険物の製造及び保管に使用される建設プロジェクト」は、「鉱山及び金属製錬建設プロジェクト並びに危険物の製造、保管及び積み下ろしに変更される。建設計画"。

(7)第34条第2段落および第88条第2段落の「クローズおよびブロック」は「ロックおよびブロック」に修正されました。

(8)第42条の「重大な生産安全事故」を「生産安全事故」に、第68条の「臨時生産安全事故緊急救急計画」を「生産安全事故緊急救急」に改正する。予定"。

(9)第43条、第44条第1項、第48条の「労働災害保険」を「労働災害保険」に改める。

(10)第3章のタイトルを「労働安全権と開業医の義務」に改訂します。

(11)第54条の「この法律第9条の規定による生産安全の監督と管理を担当する部門(以下、総称して生産安全の監督と管理を担当する部門と呼ぶ)」を「安全の担当部門」に改める。生産の監督と管理を担当する部門」。

(12)第67条の「安全生産広報・教育」を「安全生産広報・教育」に改める。

(13)第70条、第2項、第71条、および第92条の「報告のない遅延」を「最新の報告」に変更。

(14)第77条、78条、92条の「行政制裁」を「制裁」に改める。

(15)第87条及び第88条の「期限内の訂正の命令」を「期限内の訂正の命令に変更し、5万元以下の罰金が課せられる可能性があり、直接責任者及びその他の直接責任人件費は最大1万元の罰金を科せられる。」

(16)第88条の「重大な結果を引き起こす」を削除し、第90条の「重大な事故を引き起こす」を削除する。

この決定は2014年12月1日に実施されます。

thisこの決定に基づき、「中華人民共和国の安全生産法」が改正され、再公表されます。

下のエントリ: