ニュースセンター

第24回チャイナフェアで大東タオルが輝く

ページビュー数

大東

 

チャイナフェアは「初の初の展示会」として知られ、3月1日から5日まで上海新国際博覧センターで予定どおり開催されます。この展示会には、5800を超える標準ブースがあり、4つの専門展示エリア(衣類、ホームテキスタイル)に分かれています。 、装飾品、消費財展示エリア)、合計10の展示ホール、3420を超える出展者、そのうち米国、フランス、イタリア、カナダ、日本、韓国、香港、台湾を含む10の国と地域からの145海外出展者。この展覧会の繊維製品におけるハイテク製品と有名な特別製品の割合は比較的高いです。当社は今回、ホームテキスタイルエリアに4ブースを出展し、南通の他の企業とともにホールE5の東ゲートに位置しています。当社は、事前の準備により、さまざまな商品を丁寧に整理し、展示を丁寧にアレンジし、訪れるお客様一人一人を温かく迎え、お客様に好印象を与えています。

this今年、弊社ブースにお越しいただいたお客様は、主にタオル業界以外から、主に生活雑貨、食料品、ギフトなどのご注文をいただいており、名刺交換や上記の理解コミュニケーションを行うお客様は40名以上。

日本市場からのお客様は10社あり、うち2社は旧来、4社はおなじみのお客様で、何度もご連絡をいただいておりますが、日本の展示会ではすでにご連絡をいただいております。 、何度も相互理解することで、本展を通じてお互いの理解を深め、基本的に協力の基礎を築いていきます。

日本の企業は主に百貨店での高級タオル製品の販売を計画しています。タオルは主にヨーロッパから輸入されます。製品の内容も比較的豊富です。比較的利益率の高い会社です。この会社は細かいところに工夫を凝らしていません。エジプト綿と高級縫製製品は非常に興味があり、2つのバスローブが現在連絡されています。

company同社は自社家具店を有する会社で、日本の関西圏に家具、家庭用品、バス用品を中心に13店舗を展開しており、40/1の無撚製品に興味を持っている。

現在、日本で数少ない急成長中の家具店の1つで、現在330店舗(日本319店舗、台湾10店舗、アメリカ1店舗)であり、ほとんどの商品は工場から直接購入しています。この会社の購入責任者である主は、当社のブースに3回話をした後、会社のリーダーを当社のブースに連れて行き、タオルがより特徴的で、会社から購入する準備ができていることを会社の上位レベルに紹介しました。細番手無撚無地商品です。

household家庭用品を購入する日本企業がチャイナフェアで会うのは今回が2回目で、タオル生地、特にスリッパや家庭用衣料の縫製に今でも関心を持っています。

40同社の新素材と新技術製品は、40の無撚麻繊維、エジプト綿の低撚、竹炭繊維、銅繊維、後染色などの新製品であり、日本を含む多くのお客様に好評を博しています。

下のエントリ: