ニュースセンター

同社の縫製工場は、ガンに苦しむ従業員の息子のために70,000元以上を調達しました

ページビュー数

  大東

 

12月25日から27日まで、同社の東工場の従業員は、悪性骨肉腫に苦しむ少年のために熱心に寄付をしました。 子供がいて家で休んでいる女性社員2人は、知ってから誰かに代わって寄付をお願いしたり、事業を取りに来てくれた外注工場のオーナー2人も寄付に加わりました。

19歳の東昌の縫製工場で徐海霞の一人息子である徐暁は現在、がん病院で最初の化学療法を受けている。 徐海霞は義理の息子を息子として採用し、家族は普通の家族で、息子はこの病気にかかっており、家族全員が非常に苦しんでいた。 この病気は徐海夏の家族を拷問し、東工場の900人以上の従業員の心に影響を与えた。

同社の労働組合が募金案を出し、大多数の従業員が対応して温かい手を差し伸べ、27日正午現在、7万元以上の現金を調達していた。

December 12月28日の朝、会社の労働組合の会長と女性労働委員会の委員長が南通へ行き、会社の労働組合と管理費1万元の義援金を患者の母親に直接渡した。

 

大東

 

大東

 

大東